女の子のためのセックス初心者講座

年下の大学生と彼のアパートで・・・

calendar

25歳の頃、大学の掃除のパートをしていました。男子学生が多い大学で20歳前後の若々しい年下の男の子たちが、仕事中に目の前を行き来する光景は毎日の目の保養になり楽しみでした。

そのうちに、まさに私のタイプど真ん中の男子学生(以後A君)を見つけました。ただ見ているだけではいつかそのA君も卒業してしまう。一度でいいからその若い美しい肉体に触れて見たいと掃除婦ながらに夢を見ていました。

そんなことを考えていた7月、もう学生たちは夏休みに入ってしまうのでそのA君も見れなくなる…もしここで思い切って話しかけて仲良くなれば夏休み遊べるかも?と思い急いでその日手紙を書きました。

連絡先を書いたその手紙をその2日後、喫煙室でタバコを吸っていたA君に渡しました。その日の夜にメールが来てその3日後の夜、ファミレスで一緒にご飯を食べました。

もうそれだけでも夢のような時間でしたが、そのファミレスを出た後3時間くらいドライブしてついに行き場がなくなり、彼のアパートへ…。

彼はその気はないといった態度でしたが、私は彼に抱かれたくてたまらなかったので、彼の寝る布団に潜り込み足を絡ませたり手をさりげなく触れてみたりしました。

そんなことを何十分も続けていたら、ついに彼もその気になりキスをしてきて、その180センチの大きな身体でやさしく力強く私を抱きました。それから4ヶ月間、半同棲しながら彼の部屋で昼夜問わず身体を重ね合いました。

本気で結婚したいとバカな妄想をするくらいそのA君とは身体の相性が合いました。彼のためならどんなプレイも受け入れられたし、完全に彼の虜でした。

しかし付き合って4ヶ月後、些細なケンカで別れてしまいその彼と二度と寝ることはありませんでした。今は夫も子供もいるけれど、A君のことが忘れられず、いまだに夫との営みの時は目をつむってA君を妄想してしまいます。

(なつ 29歳 専業主婦)