女の子のためのセックス初心者講座

更年期を迎えてもセックスを楽しむには?

calendar

女性は年齢を重ねていくとホルモンバランスが崩れてしまいます。これがいわゆる更年期という症状です。

更年期は40代後半から始まると言われています。症状は体重の増加・動悸・急激な冷えほてり・精神的に不安定になるなどさまざまです。改善方法としては婦人科で漢方やホルモン剤を処方してもらうなどが一般的です。

そんな体が変化していくなかでセックスを楽しむためにはどうしたらいいのでしょうか?

更年期の女性の体の変化

女性は更年期を迎えると次第に膣が潤わなくなっていきます。その原因としては女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が減少することにより愛液がスムーズに作られなくなるからです。

その結果、摩擦が生じますので性交痛で苦しんでしまいます。ですから性交痛の緩和のためにはローションなどを使うといいでしょう。またホルモンの分泌量を増やすと膣の潤いも変わってきますのでお近くの産婦人科医に相談してみてください。

更年期になってもこんなトラブルに御用心

更年期を迎えたと思うポイントに『生理が来なくなった』などがあります。生理が来なくなったからといってコンドームを使わずにセックスを行う夫婦もいますが、実は更年期となっても妊娠してしまう可能性はあるのです。

そもそも本人は生理が完全に止まったと思っていてもホルモンバランスの乱れで単に生理不順に陥っているだけかもしれません。つまり思い込み閉経ですね。

なのでセックスをする以上、年齢や生殖機能の状態に関わらず絶対にコンドームを忘れてはならないのです。妊娠以外に年齢に関係なく性感染症にも罹る恐れもありますから気をつけてください。

人生いつまでも性を楽しむ

家庭に入り長らく家族として暮らしていると性別役割が変わってきてしまう夫婦が多いでしょう。

はじめは男性女性だったのに、子供が生まれたらお父さんお母さん。父母といった役割に変化してしまうとセックスから次第に遠ざかってしまい、最終的にはセックスレスになってしまいます。

ですから子育てが一段落したら父母から昔のような男女へ戻ってみてはいかがでしょうか?

そして性器を結合させるセックスにこだわらずに裸で肌を触れあわせるなど、自分たちが心身共に満足できるセックスを模索していくといつまでも心が満たされていくのではないかと思います。

歳をとったからセックスなんてできない恥ずかしい、けれども…といった声はあまり公にはならないですが実際にはあります。ですから恥ずかしがらずいつまでも素直に性を楽しみましょう。


マリンビーンズ